ワイングラス

歓迎会の概要

歓迎会は、新入社員が入社した時や人事異動や転勤、中途採用などで異動してきた人を喜んで受け入れるための社内イベントです。主に居酒屋などの飲食店で開催されることが多いですが、規模が大きい企業や社内にホールなどがある企業は、社内でパーティー形式で新入社員歓迎会を行うこともあります。

司会進行の案内から始まり、新人の挨拶や自己紹介、会社の社長や重役、部署のメンバーの挨拶や自己紹介を行い親睦を深めていきます。

歓迎会の注意点
歓迎会とは就職や転職・転勤・配置換えをした際に、新しい職場で行われる社内イベントです。主役は費用負担がないものがほとんどです。まれに歓送迎会の場合で人数が少ない場合は、費用を負担することもあります。

歓迎会での注意点は、いかに多くの方に自分を印象付けるかという事と、初対面に近い為、飲みすぎなどはめを外さない様に気を付けることです。会の後日には、きちんと上司や同僚にお礼を伝えるように心がければ、人間関係が円滑に進みます。

歓迎会の効能
会社に入りたてで、緊張感が抜けきらない新入社員をリラックスさせ、先輩社員とざっくばらんに意見交換することで円滑な業務の下地作りができる効能があります。

歓迎会は、新入社員の入社後、それほど時をおかずに実施される社内イベントのひとつですが、いわば新入社員と既存の社員との交流パーティーであり、双方の親交と理解を深めることが目的です。

アルコール飲料も交えた歓迎会であれば新入社員も不安に感じている点などを打ち明けやすくなるのです。

花火

パーティーの語源

パーティーとは、本来は人が集まることを意味する言葉であり、それが転じて一般的には複数の人が集まって催される会合のことを指します。

日常的に使われる際には一種のお楽しみ会といったエンターテイメント性の高いものを指すことが多いですが、フォーマルな場でも使われるケースも少なくありません。社内イベントや歓迎会といったビジネスシーンにおける会合にも度々使用され、政治の世界では政治資金パーティーという言葉が有名です。

楽しいパーティー
パーティーは、たくさんの人が集まります。パーティーには、誕生日会や歓迎会などがあり、出席するときは、身だしなみをしっかりとしていくのがマナーです。

楽しむため、また祝う場なので、出席した人みんなが楽しめるようにしないといけません。また、場合によってはプレゼントなどが必要な場合があるので、目的をしっかりと確認して、楽しい1日になるようにつとめなければいけません。そして、失礼のないように振る舞うことが大切です。

パーティーの活用法
いろいろな場面でパーティーをすることがありますが、その活用方法を簡単に説明します。

一つ目として、社内で目標を達成したときにイベントとして行うものです。それによって、メンバー内で目標を達成したことを分かち合い、また結束力が高まり、次の仕事にもいい結果を与えることができます。

二つ目として、会社やサークル活動などに新人が入ってきた時にする歓迎会です。パーティーで歓迎することによって、新しい環境に溶け込みやすい状況を作ることが出来ます。

アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
2014年9月
« 5月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930